タグ: 司法書士の関係

相続登記と緑のカーテンがさいた

登記の専門家である司法書士

被相続人が所有者であった不動産は、所有者名義を変更しなくてもそのまま継続して居住することは可能です。

そのため、名義が祖父や曾祖父のままになっている場合も多くあります。
“相続登記と緑のカーテンがさいた” の詳細は »