タグ: 書面

遺留分制度は何のためにあるのでしょうか?

遺留分制度は相続人の最低限の生活保障のためにあるといえます。

遺言で財産をだれに、どれだけあげるかを決めることは個人の自由です。
ところが、その遺言書に特定の1人に全財産をあげると書かれていた場合に、その他の相続人が異議をとなえたときは、最低限の相続分は確保されます。
“遺留分制度は何のためにあるのでしょうか?” の詳細は »