カテゴリー: サポートされれば安心だ

第9号季節通信が発行されました

季節季節の出来事や、役に立つ情報をお伝えするニュースレターを発行しています。

今週末は数十年に一度の最強の寒波がくるようです。
そんな週末はおうちでのんびりするのも良いですね。

“第9号季節通信が発行されました” の詳細は »

相続手続を放置したらどうなる

相続のお手続は、相続人全員が協力し合って進めるものなのです。

相続手続はいつまでにしなければなりませんか?と聞かれることは多いです。
“相続手続を放置したらどうなる” の詳細は »

生命保険は相続財産になるのか?

生命保険の保険料を支払っていた人が亡くなった場合は、相続財産となります。

生命保険が相続財産になるかどうかは、
契約者ではなく、誰がその保険料を払っていたかが問題となります。
A 保険料を支払っていたのが、亡くなった人の場合には、相続税の問題になります。
“生命保険は相続財産になるのか?” の詳細は »

猛暑すぎです何かの前触れなのかと不安になる

今年の夏は異常気象だといわれていますね。各地のことがニュースで流れているようです。

今年の夏は異常気象とニュースで言ってました。
昨日も埼玉千葉で竜巻が発生し、大きな被害がでたようです。
“猛暑すぎです何かの前触れなのかと不安になる” の詳細は »

相続放棄は相続人を守ってくれます

相続の方法を自由に選べる期間は「相続開始及び自己が相続人となったことを知ってから3ヶ月以内」です

人が亡くなると、その人が生前に持っていた一切の財産は、家族などの相続人が受け
継ぐことになります。その受け継ぐ財産には、不動産、現金、預貯金、株券などのプラ
スの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。

そのため、プラスの財産よりも借金などのマイナスの財産のほうが多い場合には、そ
のまま全てを相続してしまうと、相続人が借金などの債務を返済しなければならないこ
とになります。
“相続放棄は相続人を守ってくれます” の詳細は »

土地の相続時の評価方法についての種類を言う

相続で財産評価をするさい、2つの道路にはさまった土地は、一方のみが道路に接している土地より使い勝手がよい訳ですから高くなります。

■相続財産評価の原則
相続税を計算する上で、財産はすべて時下で相続評価することになっています。
宅地の評価には国税が地域ごとに指定する、相続路線価方式と倍率方式があります。この相続路線価は、国税庁のホームページでもみることができます。
http://www.rosenka.nta.go.jp/  国税庁 『財産評価基準書 路線価図・評価倍率表』
該当年分をクリックして都道府県を選択し次に『路線価図』をクリックして、該当する市区町村の土地を探し出し、その土地に隣接する道路上に数字とアルファベットが表示されるようにします。この数字が路線価となっており、表示単位は1.000円です。
“土地の相続時の評価方法についての種類を言う” の詳細は »

かんたんに相続と特例減税について書く

相続において、特例減税を受けるには、申告書に特例を受ける日と、所定事項を記載すること。遺産分割協議書や相続人の住民票や戸籍等の書類が必要になります。

特例の減額は最大80%まで

特例の適用を受けるには相続税の申告書に記載が必要となります。
特例の適用を受けられる宅地等には区分に応じた限度面積があり
宅地利用状況、区分に応じて減額されることもあります。

必要書類内容は以下のようなものです。
“かんたんに相続と特例減税について書く” の詳細は »