カテゴリー: すぐにわかる不動産登記

相続登記と緑のカーテンがさいた

登記の専門家である司法書士

被相続人が所有者であった不動産は、所有者名義を変更しなくてもそのまま継続して居住することは可能です。

そのため、名義が祖父や曾祖父のままになっている場合も多くあります。
“相続登記と緑のカーテンがさいた” の詳細は »

けっこう壮大な相続人がいないとどうなるかについて

特別縁故者がない場合は、国庫に帰属します

一人っ子の被相続人が未婚で子どももなく、直系尊属の両親祖父母も他界している場合、誰が相続人でしょうか。
民法の定めによると、第一順位の相続人は配偶者と子。
第一順位がいなければ、第二順位の両親→祖父母→曾祖父母。
第二順位がいなければ、兄弟姉妹→甥姪
民法で定められている相続人はここまでです。
“けっこう壮大な相続人がいないとどうなるかについて” の詳細は »

意味を知って納得の相続税の2割加算について

相続する人が誰であるかによっては、相続税額が2割加算されることもあります。

相続する人が誰であるかによっては、相続税額が2割加算されることもあります。

配偶者と一親等の血縁関係にある者以外が、相続または遺贈を受ける場合、
2割加算の対象となります。
“意味を知って納得の相続税の2割加算について” の詳細は »

農地の相続にあるいくつかの法の措置のこと

農地や放牧地は、相続によって細分化されるのは農業経営上不都合があります。

農地や放牧地は、相続によって細分化されるのは農業経営上不都合があります。

そこで、後継者が農業を営むことを条件に、相続税が猶予されるなどの特例措置が受けられます。
最終的には、相続開始後農業を一定期間(20年)以上経営していた場合などには、相続税が免除されます。
“農地の相続にあるいくつかの法の措置のこと” の詳細は »