けっこう壮大な相続人がいないとどうなるかについて

特別縁故者がない場合は、国庫に帰属します

一人っ子の被相続人が未婚で子どももなく、直系尊属の両親祖父母も他界している場合、誰が相続人でしょうか。
民法の定めによると、第一順位の相続人は配偶者と子。
第一順位がいなければ、第二順位の両親→祖父母→曾祖父母。
第二順位がいなければ、兄弟姉妹→甥姪
民法で定められている相続人はここまでです。
“けっこう壮大な相続人がいないとどうなるかについて” の詳細は »

寄与分と法律のことです。

本来の相続分を超えて加算される部分を寄与分、貢献があった人を寄与者といいます。

相続人のなかに、被相続人にかわって家業を助けてきた人、身銭を切って被相続人の財産が減少することを防いできた人、被相続人の病気の看病をしてきた人がいたとします。

そうした働きに対し、その人が相当な対価を受け取っていなかった場合、その相続人は被相続人の財産を維持したり、財産を増やすことに特別の貢献をしたことになります。
“寄与分と法律のことです。” の詳細は »

意味を知って納得の相続税の2割加算について

相続する人が誰であるかによっては、相続税額が2割加算されることもあります。

相続する人が誰であるかによっては、相続税額が2割加算されることもあります。

配偶者と一親等の血縁関係にある者以外が、相続または遺贈を受ける場合、
2割加算の対象となります。
“意味を知って納得の相続税の2割加算について” の詳細は »

アミーズ6周年の出来事の紹介の記事です

これでもかと楽しく騒いで動いて、これからの仕事のエネルギーに変換しました。

先日は、司法書士法人アミーズ横浜事務所の6周年でした。
美味しいお料理とワインをたっぷり頂きました。
事務所のメンバーはお酒を飲める人と飲めない人がちょうど半分で、
私は飲めるので、大騒ぎしたことは覚えてますが、
詳しいことは全く記憶になく、翌朝はものすごくスッキリ爽やかに目覚めることができました。
“アミーズ6周年の出来事の紹介の記事です” の詳細は »

農地の相続にあるいくつかの法の措置のこと

農地や放牧地は、相続によって細分化されるのは農業経営上不都合があります。

農地や放牧地は、相続によって細分化されるのは農業経営上不都合があります。

そこで、後継者が農業を営むことを条件に、相続税が猶予されるなどの特例措置が受けられます。
最終的には、相続開始後農業を一定期間(20年)以上経営していた場合などには、相続税が免除されます。
“農地の相続にあるいくつかの法の措置のこと” の詳細は »

春ですねと思ったら相続のことも頭をよぎった

気持ちのいい季節の反面、寒い時期に亡くなった方の相続の手続の開始の時期でもある。

横浜ではすっかり葉桜となり、暖かい陽射しが感じられます。
新年度となりとてもさわやかな気分です。

我が家では、亀のジョセフィーヌが初めての冬眠から目覚めました!


“春ですねと思ったら相続のことも頭をよぎった” の詳細は »

相続放棄は相続人を守ってくれます

相続の方法を自由に選べる期間は「相続開始及び自己が相続人となったことを知ってから3ヶ月以内」です

人が亡くなると、その人が生前に持っていた一切の財産は、家族などの相続人が受け
継ぐことになります。その受け継ぐ財産には、不動産、現金、預貯金、株券などのプラ
スの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。

そのため、プラスの財産よりも借金などのマイナスの財産のほうが多い場合には、そ
のまま全てを相続してしまうと、相続人が借金などの債務を返済しなければならないこ
とになります。
“相続放棄は相続人を守ってくれます” の詳細は »

寒い季節は相続の相談が増えるようです

まだまだ寒いので体に気をつけましょう。とりわけ相続人の方は手続が大変なので休んでください。

ここ最近の寒波で横浜もとても寒い日が続いています。

私は雪国育ちですが、関東の寒さは辛いです。
なぜなら、雪国は外気温が氷点下でも、室内は完全暖房で温かいからです。
“寒い季節は相続の相談が増えるようです” の詳細は »

誕生日と遺言のことと相続のスタッフのまじわり

家庭裁判所で行う遺言の検認という相続にまつわる手続のことをお伝えします。

先日は、事務所の皆様に誕生日を祝っていただきました。
子供の頃と違い、やはり年齢と共に年々誕生日は見て見ぬふりをしたいものなのですが、
ここの事務所はそれを許してくれません。
“誕生日と遺言のことと相続のスタッフのまじわり” の詳細は »

巣立ちの時がやってくるとさびしさも沸きます

先月末にお世話になった大先輩が巣立っていかれました。
大先輩といっても年齢はうんと年下でしたが、
そんなことはまったく感じないほど、尊敬できる方でした。
“巣立ちの時がやってくるとさびしさも沸きます” の詳細は »

« 過去の記事
最新の記事 »