カテゴリー: うれしく感じる遺産分割

遺産分割協議書を作成しましょう

遺産分割協議書は相続手続きにおいて、とても重要な書類になります。

相続手続きにとってかかせないものが「遺産分割協議書」です。
遺産分割協議書とは、相続人同士で、どのような内容で相続するかの話し合いをし、
書面記載の内容について相続人全員が合意している、ということを証明するものです。
“遺産分割協議書を作成しましょう” の詳細は »

連れ子の相続権を知り、遺産分割を円満にする

養子縁組でもしていない限り、相続人にはなりません

母親の再婚相手がなくなりました。一緒に暮らしていた連れ子は義父の財産を相続できるのでしょうか。
 

母親の再婚相手とは血縁関係がないので、養子縁組でもしていない限り、相続人にはなりません。
“連れ子の相続権を知り、遺産分割を円満にする” の詳細は »

寄与分と法律のことです。

本来の相続分を超えて加算される部分を寄与分、貢献があった人を寄与者といいます。

相続人のなかに、被相続人にかわって家業を助けてきた人、身銭を切って被相続人の財産が減少することを防いできた人、被相続人の病気の看病をしてきた人がいたとします。

そうした働きに対し、その人が相当な対価を受け取っていなかった場合、その相続人は被相続人の財産を維持したり、財産を増やすことに特別の貢献をしたことになります。
“寄与分と法律のことです。” の詳細は »

寒い季節は相続の相談が増えるようです

まだまだ寒いので体に気をつけましょう。とりわけ相続人の方は手続が大変なので休んでください。

ここ最近の寒波で横浜もとても寒い日が続いています。

私は雪国育ちですが、関東の寒さは辛いです。
なぜなら、雪国は外気温が氷点下でも、室内は完全暖房で温かいからです。
“寒い季節は相続の相談が増えるようです” の詳細は »

誕生日と遺言のことと相続のスタッフのまじわり

家庭裁判所で行う遺言の検認という相続にまつわる手続のことをお伝えします。

先日は、事務所の皆様に誕生日を祝っていただきました。
子供の頃と違い、やはり年齢と共に年々誕生日は見て見ぬふりをしたいものなのですが、
ここの事務所はそれを許してくれません。
“誕生日と遺言のことと相続のスタッフのまじわり” の詳細は »

計算と資料で相続財産と不動産を丸裸にする

公示価格と同水準の価格の8割程度により評価された土地の単価が相続路線価として設定しています。

■路線価方式と呼ばれる相続財産計算方法
都市街地にある宅地を相続で評価するときに主として使われます。
毎年、新聞に「銀座の○○店前」や「新宿の○○店前」が日本1位とか2位だとか発表される路線価のことです。
この路線価が相続税の土地の評価で使われるのです。
市街地では路線(道路)ごとに、その道路に面している土地の1㎡当たりの値段として、相続路線価が設定されています。
土地などの資産評価は納税者にとって大変な作業です。
“計算と資料で相続財産と不動産を丸裸にする” の詳細は »

単純に解説された相続と贈与について

生きているうちに相続の話をするのは不謹慎だと考える方もいますが、いざ被相続人が亡くなってからでは何かとゴタゴタするケースが多いのです

贈与は両者間の契約となるため、民法第550条では「書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができる」となっています。ただし、履行が終わった贈与に関しては、この限りではありません。逆に考えれば、残された遺族に不服があったとしても、贈与契約を書面で交わしていれば、原則としてこれを撤回することはできないということです。
相続と贈与、死因贈与、遺贈の違いをまとめましたので参考にしてみてください。
“単純に解説された相続と贈与について” の詳細は »

相続で資産を上手に受け継ぐには?

故人の子供とその親、故人の親とその兄弟姉妹など、順位の異なる血族相続人同士が共同で相続することはありません。

相続する順位は、配偶者がいる限り他の相続人がいても、常に「相続人」となれる強い地位となります。配偶者と子供などの血族相続人は共同で財産・債務を相続します。ですが、故人の子供とその親、故人の親とその兄弟姉妹など、順位の異なる血族相続人同士が共同で相続することはありません。ちなみに、配偶者は法律上の夫婦関係にあることが条件となりますので、内縁関係では相続人とはなれません。また、長年別居していたとしても籍が入っている以上は、第一相続人となります。
配偶者以外の血族相続人の順位は以下の通りとなります。
“相続で資産を上手に受け継ぐには?” の詳細は »